より負担が大きくなったクルマの損害保険

*** PR ***

  • クルマの保険にはみなさんもご存知だと思いますが等級という略称で知られるランク付け存在するのです。

    正式名称としてはノンフリート等級別料率制度という名で、保険の掛け金に甚大に関係しているのです。

    等級によって、車の保険への加入者の公平性を保つことを主眼としているため交通事故を引き起こす車の保険を使用する恐れが高いと見込まれるほど月々の掛金が増えます。

    事故を起こす可能性が低く、クルマの損害保険を適用される確率は低いだろうと考えられる人は、リスクの低い保険利用者であるだろうと判断されることで、保険の掛け金が値下げされます。

    安全に運転している運転者のほうが優遇される制度であるので、アクシデントを起こしやすい保険利用者には多少デメリットのある枠組みだといえます。

    等級というシステムは、危険度の低いドライバーと事故リスクが比較的高い利用者の保険料金が同じだとフェアでないと思ってしまう利用者が多数を占めるため、会社サイドにとってもリスクを低減させるために欠くべからざる機構だと考えられるのです。

    さて、等級というものは具体的にいって一体どんなシステムなのか簡単に説明いたします。

    最初に、等級というものには1等級?20等級まで定められており被保険者の等級が上昇するたびに保険料が低廉になる枠組みになっていることを押えましょう。

    次に、1等級から3等級の範囲については低廉にならず、反対に値上がりし、自動車事故を発生させて、自動車損害保険を利用してしまうと等級が三つ低くなり、より負担が大きくなったクルマの損害保険を払うことになります。

    最後にまったくはじめて申し込むときは6等級からスタートになりその時から自分の数が下がるのか増えていくのかはドライバー次第です。

    そのため保険の掛金を安くしたい運転手はトラブルを発生させないように安全運転に努力するのが一番近道です。