その動きをちゃんと注目していると

*** PR ***

  • 76-3-13
  • 76-10-13
  • 76-12-13
  • 76-8-13
  • 76-17-13
  • ようやく始める時という状況では第一に事前準備を怠ってはならない。76-18-13

    相場に入る前であるならば、出来事を論理的に眺める事ができる余地があります。76-14-13

    ところが、市場の内側へ飛び込んでしまうと、どうしても受け取り方が自己中心的になってしまい、時として正しい見方ができなくなる可能性があります。76-4-13

    そのためにあなたの考え方が冷静なうちにしっかりと事前準備をしておくことが不可欠です。76-7-13

    この”準備”とは、あなただけの脚本を考える事から行います。76-19-13

    今からの投資環境はああだからこの外貨を勝負するというふうにあなたなりの脚本を書いていきます。76-9-13

    次に大切なのは日足チャートをチェックしましょう。76-11-13

    過去のレートの値動きを調べて、現時点でのチャートをチェックします。76-16-13

    すると、「現在は行き過ぎた場面だ」とか、または「もはや多数の人がエントリーしているから、この後自分が買い(または売り)しても遅すぎるな」などと見えてくる。76-15-13

    今はもう売り(または買い)するがなすすべがないと思ったら売買しないで、そこは潔くあきらめることか肝心です。76-5-13

    どう工夫しても自分のシナリオを譲らずに、強引にトレードすると、市場にやられてそれどころか為替差損を受けることになる危険性があります。

    そうは言ってもかなりの場合用意周到に台本を描いていると、取引が手遅れという状況にはならないと思います。

    おそらく、実際にマーケットが動意する前の状態のはずです。

    その次は、とりあえずは自分自身がとろうと検討している通貨の上下動を注意深くチェックすることが重要です。

    もしも、円安になるであろうというストーリー展開を書いたのであれば、該当する通貨の変化に注目する事が大事です。

    マーケットの変化を注目し始めたばかりでは、まだその外貨は分かりやすく変化する気配を見せることはなく、上や下に小幅な変動をしているだけでしょう。

    だけど、その動きをちゃんと注目していると、ある地点でじわじわと、円安へと向い始めます。

    ここでいよいよドルの新規注文を出すのだ。

    通常、そこまで計画的に準備を考えておけばその売り買いで稼げる可能性はかなり大きくなります。