休む間もなくトレード

ノートPCの前で、休むことなく上下動しているレートを見ていると理由無く注文をしなければならないという抑えようのない気持ちに影響される場面も少なくありません。ヴィトックス 口コミ

しかし、不明瞭な感覚でトレードすることは絶対に避けてほしい。クリアネオ 評判

知っての通り、外国為替相場は24時間、休みなくいずれかの国でマーケットは動いているしマーケットも常に変化しています。ロスミンローヤル 口コミ

とは言っても、立て続けにトレードを積んでいくとその分損失を被るリスクが上がります。エクスグラマー 楽天

当然、エントリーの回数を経験することによって結果的に利益を上げられる確率か50%、50%になります。マイクロダイエット 口コミ等

けれどもそれは「漠然とした直感で売買」とは別の問題です。育毛剤

注文回数を積み重ねる意味というのは自分自身が「ここは!」と直感した勝算を得られたところでの注文回数を積み重ねるという意味である。ルナメアAC 口コミ等

理由がなく、休む間もなくトレードを重ねるのとははっきりと違います。50代女性仕事

相場の戦いに勝つためには自ずから意識的に緩急をつけることが肝心です。安くてかわいいベッド

「ここがチャンス」と思った外国為替市場の時には、いっそ持っているポジションを増やして、徹底的に利益を追い求めます。ソファ 2万

「明らかに悩ましい為替相場でどう変化するのか理解できないな」と感じたならば潔くポジションをクローズして何もしない。

そのくらいのけじめがあったほうが、最後には売買はうまくいきます。

相場の名言には「休むも相場」というものがあります。

本当にその通りだと思います。

為替取引とは何も常にポジションを保有する事がすべてではなくどのポジションも保持せずじっとしていることも、相場なのである。

では、どの場面で休めばいいのでしょうか。

最初に言われるのが前述の通り、現在の相場展開が曖昧で良く見えない時です。

どうなるのかわからないような時は分からないまま行動すると、自分自身で書いたストーリーとは逆にマーケットが向ってしまい損失を被る事になります。

そのため、こんな場合はポジションを諦め何もしないで黙ってみているだけが最良の方法です。

2番目に、己の健康状態があまりよくない時です。

健康状態とマーケットに関係がない思う方もいますが現実には案外関係がある。

体調が変な時は、外国為替市場の重要な状況で落ち着いた判断が難しくなります。

気分が進まない時は外国為替相場から遠ざかる事も肝心な事です。