www.adlecsystems.com
よくある経験の浅い方向けの外為のテキストでは、「マイナスになった場面ではナンピン買いして、全体の平均の価格をコントロールする」等記述されていると思いますが正直ここにはかなり大きな隠れたリスクが隠れています。最初に、ナンピンの原理について易しく述べておきます。仮に1ドル100円でドルを買ったとする。ドル買いなので、円安ドル高に動くほど利益を得られますが不幸にして95円まで円高ドル安に推移したとします。そのまま持ち続けたとしたらマイナスをなくすためには、円高になった分、ドル高に向わなければなりません。損は早急に回復したいと考えます。この状況を乗り切るため最初にエントリーしたのと同額分の$(ドル)を1ドル=95円で買います。そうすると、全体の価格は1ドル=97.50銭まで引き下げることができます。この結果、2.50円の幅で円安に進めば、損を回復する事ができます。それが、ナンピンの理屈です。このような、ナンピンの方法を目にすると、「その通り」と考えるが、容易には問屋を卸してくれない。もとより、1ドル=95円が下値だということなど、分かるわけがありません。例として、市場が円高地合だとすれば、95円では止まることなく、より円高ドル安に進む危険性は高いです。たとえば、97円50銭でナンピン買いをしたとしても1ドル=95円までドル安が進んだらナンピン買いした分にも為替差損が生まれてしまいます。この状態では、最初にエントリーしたドルとトータルで、2倍の損を被ります。このように、ナンピンはややこしいです。それなら、市場がシナリオとは反対の方向に向ってしまった場合どのような方法で危険を管理すればいいのでしょうか。この場合選択できる選択肢は2つあります。まずひとつは執着しないで損を確定する事です。もうひとつの選択肢としては今、自分が保有している買いポジションを小さくする事によってもう一回為替がリカバリするのを動かないで待機する事だけです。かなり控えめなやり方だと感じる投資家もいると思います。しかし、自分のポジションに為替差損が生じた場合最もリスクが低い対策はそれ以外にはあるはずがありません。勿論、理屈の上では、ナンピンするという手段もありえます。だがナンピンは、損失を披っているのにポジションを小さくするどころか、それとは反対に買いポジションを積んでいく手法です。この手法では、危険性を制御することなどどうやってもできないと思うべきです。ナンピン買いを続ければいつの日にか損を取り返せるかもしれません。しかし、そうなる前に投資資金がショートしてしまうだろう。