売買を重ねるのとは大きく異なります

*** PR ***

  • 現実にコンピュータの画面の前に座って休むことなく上下動している市場を見ると直ちに取引をしなくてはいけないという欲求に追い立てられる事も少なくないと思います。金運ブレスレット

    だが、なんとなく直感で売り買いをすることは絶対に避けてほしい。リンクス 脱毛 キャンペーン

    分かっていると思いますが、相場は1日中、常にマーケットが変化しているし為替相場もいかなる時でも、動いています。おしゃれなパソコンデスク

    しかし、闇雲に売り買いを積んでいくとその分損をする危険性が上がってしまいます。ナイトブラ 人気

    無論、売り買いの数を積み重ねる事で少しずつ勝つ確率か半々に近づくのは事実です。デサイヤ

    けれどもその事実は「なんとなく思いつきでトレード」とは別問題です。リンクス 名古屋

    トレード回数を積み重ねるという意味はあなたが「ここで勝負」と思える勝算を持ったところでのエントリー回数を積み重ねるという事を言っています。大麦若葉の効果・効能

    ただ、売買を重ねるのとは大きく異なります。

    外国為替相場の戦いに勝利するためには、自分が考えてけじめをつけることが重要です。

    「ここはいける」と思えた為替相場の時には迷わず所有ポジションを積み増して意識して儲けを狙います。

    「明らかに悩ましい外国為替相場で、どう推移するのか考え付かないな」と思ったならば諦めてポジションをひとつも残さないで見切りをつけて静観します。

    これぐらいのけじめをつけた方が、結果的にはトレードは成功します。

    市場の格言には「休むも相場」というものがあります。

    まさに言葉どおりだと思います。

    為替とは何も常に売買ポジションを保持する事がすべてではなく何も保有せず静観していることも時には必要です。

    それならば、どういった時に休みどきなのでしょうか。

    最初に言われるのが前述したように、これから先の外国為替相場が明確に判断できない時です。

    今から円高になるのか、それとも円安になるのかが判断できない時はヘタに動くと、自身で思い描いた物語とは反対の方向に外国為替相場が変化してしまい、損する事になってしまいます。

    そういった場面ではポジションを減らして、そのまま何もしないで様子を見ているのがいいと思います。

    ふたつめは、健康状態が思わしくない時です。

    体の具合と相場に関係性はないと考える投資家もいるでしょうが案外関係がある。

    体の状態があまりよくなければマーケットの失敗できない状況で、正しい判断ができません。

    興味がわかない時はマーケットから離れる事も大事なことだ。