かけた車の事故があります

*** PR ***

  • 76-9-68
  • 76-12-68
  • 76-1-68
  • 76-6-68
  • 76-8-68
  • 自動車の事故は、自分だけの自損事故と誰か他の人に迷惑をかけた車の事故があります。76-10-68

    己だけの事故の場合には、自分で処理が済めば終わりますが、第三者を含めた車の事故はそれぞれにどのくらい誤りが存在したのかを調べてこの状況によって故障した車の修理の費用や示談のお金が決められますので保険屋さんの専門家を交えながらの調整が欠かせません。76-20-68

    大多数の自動車の事故状況で、各々に少しは間違いがあるケースが大部分で一方だけの責任が問われるという状態は多くないようです。76-3-68

    信号が赤でも進んでしまったり一旦停止無視など違反による事故ならかなりの過失なりますが被害を受けた人であっても注意不足があったと判断されます。76-5-68

    事故の場合には誰の過失が原因で発生したのかというのが非常にポイントになるので、それを数値で表した基準が「過失割合」(過失割合)となります。76-7-68

    先ほどの赤信号無視や一時停止を無視した条件では、道路交通法の上では10割ミスがあるように考えがちですが事故を起こした自動車が前の方から来て目で確認できた場面だったとしたら自動車の事故の被害者でも注意が足りないとされ1割りぐらいの過失があると言われる可能性もあります。76-14-68

    つまりこの状況では事故を起こした方が9割自分1割の過失の割合となってしまい数値が大きいとそれだけの落ち度が問われたりします。76-17-68

    さらにこの過失の割合過去の車の事故の判例を元に決定するケースが往々にしてあり、日弁連の交通事故相談センターから示されている過失割合認定基準表が参考として使われます。76-4-68

    この過失の割合が大きければ責任要するに損害賠償額も大きくなると考えられるので事故後の交渉は本人同士だけでなく車の保険屋さんの係りの方を交え慌てずに話し合うことが不可欠です。76-15-68

    76-11-68