一方で自動車税の時は

*** PR ***

  • 自動車重量税、略して重量税という税金は国産車もしくはアメ車というような自動車の生産している国やハッチバック、ワゴン車など車の形状も関係なく、たとえばスバルやGM、等にも普通に掛かってくる税金なんです。布団カバーかわいい

    新車登録をする時、もしくは車検の時に支払う必要があるものです。六角脳枕

    支払額はその愛車の大きさで決定されます。臭ピタッ 口コミ

    「自動車重量税」と「自動車税」を比べるとまったく異なる税なので、基礎となる税金を理解して一緒にしないようにする必要があります。みんなの肌潤糖 ニキビ

    「自動車重量税という税金は車の重量によって」「自動車税というものは自動車の総排気量によって」税額が変わります。リンクス 脱毛 医療

    そして買い取りする時の扱いも違いますから、注意しましょう。クリアネオ 口コミ

    自動車を買い取ってもらう際には支払った重量税がいくら残っていても、その額が返ってくることはないですが、一方で自動車税の時は、既に支払った額を査定額に乗せてくれるといったことがありますが重量税の場合は上乗せしてくれるようなことはあまりありません。大生です

    重量税は、車を売るときに支払い済みの税額が残っているとはいえ中古車の店の方でその事実が配慮される場合は少ないのです。

    なのでその次の支払い要は次の車検まで売却を保留し買い取ってもらうという方法が最も良いです。

    車買取時は考慮されない重量税ですが、特定の場合では還付されることもあるのです。

    その時は車検が残ったままの愛車を廃車処理する場合です。

    要するに、抹消登録をすると残存期間に応じて税金が還付されます。

    ただ自動車買い取りの際はその自動車が廃車されるのとは違うので返金されません。

    そして所有車の名義の変更をした時や、盗難被害に遭った時なども返金してもらうことはできません。

    重量税の残存期間がある車を買い取るイコール要するに車検がまだある車ということと同じです。

    そのことを店側も配慮しますので、自動車重量税の期間が残っていれば、少しは売却額が上がるでしょう。

    勿論、買取額は買取業者次第でまちまちなのですが車検が残っていることが考慮されれば所有車の買取額と比べるとそれほど割に合わないということもありません。