www.adlecsystems.com
重量税というものは、国産車もしくは外車など自動車の国やエコカー、ロールーフ車など車の形に例外なく、たとえばホンダやBMW、等にも通常掛かってくる税のことをいいます。新車を登録する際もしくは定期的にある車検の時に納付する税になります。その税額はその車のウエートで決まっています。「自動車重量税」と「自動車税」を比べると完全に別のものですので、基礎を理解して勘違いしないようにする必要があります。「自動車重量税とはクルマの重量毎に」「自動車税とは車の排気量で」税額が異なります。そして、売却の時の扱いも違いますし、注意しなければなりません。中古車を買い取ってもらう際には支払い済みの車の金額がどれだけあっても、その税額が返ってくるということはありません。一方自動車税の場合は、既に納めた残存税額を売却額に足してくれるという事例があるものの、重量税の場合は上乗せになるということはあまりないのが現状です。重量税は、いくら支払い済みの金額が残存しているからと言って車の買い取り専門店側でそれが忖度されることはまずないと思います。ですから次の支払い、分かりやすく言えば車検まで処分するのを少し保留し査定に出すという手法がベストでしょう。中古車の買い取りの時は考慮されない重量税ですが例外的な場合でしたら返ってくる可能性があります。その時は、車検が残っている車を廃車処理する場合です。要するに、抹消登録をした場合、残っている車検期間に応じて税金が戻ってきます。ただし自動車買取の場合はそのクルマが廃車になるのとは違って戻ってきません。そして所有車の名義を変更したケースや、盗難被害に遭った場合も返金してもらうことは不可能です。重量税が残っている愛車を買い取ることは車検の効力がまだある車ということと同じです。それを店側も忖度しますので、自動車重量税が残存していれば、査定額が上がるはずです。もちろん買取額は店舗次第でまちまちなのですが車検の効力が残っていることを計算に入れてもらえば売却する車の査定額からみたらそんなに払い損ということもありません。