だいたい1ヶ月くらい後のことはだいたい

*** PR ***

  • 外国為替証拠金取引に関しての面白さは、単一の商品であるにもかかわらずお金を掛ける期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスの3つの期間からいずれを選択するのかということによって、出資の方法が違うという点にあります。

    第一に外貨投資の「長期」に関して考えましょう。

    長期のスタンスは一年以上の投資期間を基準としているのが通常です。

    だいたい為替の相場で一年以上も先々の為替相場が円高であるか、それとも円安であるかを予測するのはたいてい無理なはずです。

    普通の人は、「そんなに先の動向は考えられない」と考えるのが当然のことだと思います。

    予測もできないことを予想しようとも、そんなことは無意味な行為です。

    そのため、他国の貨幣を買った場合、その時の買いレートよりも円高になってしまってもそのマイナス分はしばらく経てば円安になるはずだというポジティブな感じで向かうことが大事です。

    利益をがんばって大きくすることではなく、その他の収益、つまりはスワップポイントを稼ぐというのをまず一つの目的にして始めましょう。

    もちろん、少しの間に為替変動の影響でマイナスがひどくなってしまうこともあります。

    そんな訳で、このようなマイナスが大きくても影響のないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少なめに売買するのは大切です。

    FX(外国為替証拠金取引)は、為替差損が一定金額よりも拡大してしまうと、追い証を求められたりまたはロスカットになったりします。

    ストップロスがかかったら、直ちに売買を打ち切りせざるを得なくなり長期の取引はできなくなります。

    この例のような危険を回避するにはレバレッジ2?3倍あたりでやり取りすることです。

    第二に中期の投資の場合の売買です。

    中期の投資のケースでは、最大で2ヶ月ばかり経った頃を考慮しての売り買いをします。

    為替のトレードの場合、だいたい1ヶ月くらい後のことはだいたい、想定しやすいかと思います。

    G7のような各国の論議の話題、為替の市場に参加している人たちがいかなる問題に着目しているかを見てみれば、それなりに推測できるはずです。

    こんなファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を見る一方で、チャートを確認することで、レートの状況をわかるようになりトレードをジャッジするのがいいでしょう。

    基本的に経済の状態とジャッジの両方で光りもしくは買いが一致していれば、だいだい思った通りに動くと考えて間違いありません。

    そういった時は持ち高を増やしておく事でもっと多額の利益を期待できるのはほぼ間違いないでしょう。

    最後に短期スタンスの重要点。

    ここでいう短期のスタンスというのは、言うなればデイトレのことを意味しています。

    為替相場でデイトレードを行う際、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)はまるっきり影響がないと断言していいです。

    なぜなら明日の為替のレートの動向に経済の基礎的条件は絡んでいないからです。

    ここで、ポイントは大きな事柄があり、それにより為替のレートが目立って変化する一瞬を見逃さないようやり取りしましょう。

    例を挙げると米国で雇用の統計が提示される、あるいは金融政策等によって金利が変動するくらいの催し。

    このようにタイミングに変わり目を逃してはいけないといった意味合いから、短期のスタンスは高度なものが必要となる。