www.adlecsystems.com
とうとう開始する時という局面ではまずは事前調査をサボってはいけません。相場に入る前であれば、起こる事を論理的に見ることができるゆとりがあります。しかしながら、取引の中へ飛び込んでしまうと、どう工夫しても受け取り方が客観性を欠くものになってしまいがちで時としてしっかりとした判断が出来なくなるリスクがあります。だからこそ自身の考えが理性的な間にきちっと準備をしておくことが大切です。この”準備”とは、まずは己の台本を記す事から開始します。この通貨はこうなってああなるからユーロをエントリーするというようなあなたなりの筋書きを書いていきます。次に時間足チャートを確認しましょう。それまでの為替レートの上下動を確認して現時点の値動きを確認する。そうしたら、「今日はだいぶ偏ったレベルにある」とか、そうでなければ「とっくに大方の投資家がエントリーしているからこれから慌てて取引しても今となっては間に合わないな」などと見えてくる。今となっては買い(または売り)するのが遅いと思ったら、売買しないで、それは潔くあきらめることか大事です。どう工夫しても自身の台本を押し通そうとして、新しく注文すると、為替相場に押し返されてしまい、かえって損失を被ることになる危険性があります。もっともたいがいの状況で事前に準備しているあなたなりの物語を作り上げていれば、買い(または売り)が遅すぎるということにはならないと思います。大方、現実に市場が変化する前のはずだから。その次は、まずは自らが注文しようと考えているポジションの変化を、ちゃんと調べる事が必要です。もしも、円安になるという筋書きを考えたのであれば該当する外貨の上げ下げに用心しておきます。市場の変化を気をつけ始めたばかりではまだ明確に動く様子を見せず、ちょっとした上下動を繰り返しているだけでしょう。だけど、その推移をじっくりと注目していると、ある場面でじりじりと円安へと為替相場が動き始めてくる。この場面で初めてドル円のトレードします。普通、念入りに事前準備さえしておけばその売買で儲ける割合は割合大きくなるはずです。